そろそろ本気で学びませんか? 三振

PR

三振 エネルギー・フロンティア

今更ながら先週の観戦記録です。

なんと!!

鵜久森のいるヤクルトのファーム戦がナイター、しかも神宮球場で行われる!!
ということで行って参りました(⌒▽⌒)
鵜久森、本来なら1軍で観たいのですが…
とはいえ贅沢は言っていられない、鵜久森のプレーを観られるのなら有難いというもの!
埼玉西武との1戦です!!
先発は投手は、ヤクルトが「古都のライアン」こと、イケメン左腕の高橋奎二(けいじ)。
独特のフォームです。
対する西武は昨年の甲子園優勝投手、今井達也でした。
彼の母校、作新学院は今年も甲子園に出場します!!
このカードは鵜久森の他、西武に私の注目している、台湾出身の呉念庭が出場する!!
源田の出現でなかなか上に上がるのは難しいでしょうが、応援したい選手です。
試合は初回から動きます。
西武は3番に入った愛斗が先制のホームラン。
いきなり得点を奪います。
西武打線はファームでも好調のようで、2回表にも2アウト1,3塁のチャンスを作ります。
しかしここで1番田代が凡退し得点ならず。
2回裏のヤクルトは、先頭の鵜久森が2塁打を放ち、0アウト2塁!
谷内が四球を選ぶと、続く古賀のときにセカンドのエラーが出て、1アウト満塁!!
・・・・だったのですが、9番榎本葵、1番渡邊が連続三振という最悪の結果に・・・・。
ヤクルト、得点のチャンスを潰します。
鵜久森が打ったのに残念・・・・。
4回表に西武が攻撃に出ますが・・・・。
先頭の呉念庭が四球を選ぶと、6番山田が送りバント成功。
鬼崎が四球を選びますが、続く中田祥多が凡退。
9番鈴木のときにパスボールで2アウトながらランナーが2、3塁となります。
しかしここも得点ならず。
5回表の西武の攻撃のときに珍しい出来事が。
1塁ランナーは田代。田代が果敢に走塁を試みると、間一髪セーフ!
・・・しかしここで球審がアウトを宣告!!
「何故」と思いましたが、打者だった熊代が、捕手の送球を妨害したということでアウトとなったのでした。
球審の説明も分かりやすく、抗議も起きませんでした。
一気に2アウトランナー無し。
しかしヤクルト投手陣がピリッとしません。
高橋は続く愛斗を出すと坂田に四球、2アウト1,2塁となったところで降板。徳山がマウンドへ登ります。
徳山は続く呉念庭に四球を与えると、6番山田にレフト前ヒットを浴びます。ここでレフト鵜久森が好返球を見せ、1点に抑えます。
0-2 となりました。
しかし西武打線、続く鬼崎が走者一掃のタイムリー3塁打を打って大きく点差を広げます。
これで 0-5
その裏のヤクルトは、2塁にランナーを置いて、3番の育成選手大村。
レフトへしぶとく運ぶと、レフトが後ろに剃らしてしまい、2塁打となります。
これで1点を返して 1-5 となります。
ヤクルトは6回裏にも1アウト1,3塁のチャンスと作ると、8番古賀の当たりはセンターへ!!
しかし西武のセンター鈴木がファインプレーを見せてアウト・・・。
その間に3塁ランナーがタッチアップして 2-5となります。
抜けていれば大量点のチャンスだったのに残念・・・・。
そして西武鈴木はナイスキャッチ!!
そして魔の8回表・・・・。
西武は9番鈴木のタイムリーで1点を追加すると、満塁になって代打大崎!!
茨城県出身の大崎が出て喜んでいたのですが、結果は四球。
押し出しで得点となり 2-7 と西武の一方的な展開。
ここでマウンドには、菊沢に代わり元ハム戦士の屋宜が・・・・。
正直、この勢いは屋宜では止められませんでした。
愛斗に代わって途中から3番に入っていた斉藤がヒットで2点追加。
これで 2-9 
さらに代打木村昇吾が四球を選びます。
打者は、呉念庭!!
呉念庭はしっかりレフトオーバーの2点タイムリーを放ちます。
2-11 となり、さらに1点を加えて 2-12・・・・。
西武、8回に一挙7点を奪うという、ものすごい長い攻撃がやっと終わったのでした・・・・。
観ていて疲れたぁ・・・・・。
9回裏、この男が登場します!!
元ハム戦士、今浪隆博の登場w
大量リードされていても、ヤクルト応援席が沸きます!!
しかしセカンドゴロ、塁に出ることが出来ませんでした。
西武は9回表にも2点を追加して 2-14 となります。
もう、屋宜ちゃんぼろぼろ・・・・。
9回裏、ヤクルトは2アウト満塁のチャンスを作りますが時既に遅し。
最後の打者、谷内がセカンドフライでゲームセット。
西武の大勝で終わりました。
この日は、ヤクルト投手陣の崩壊が原因でした。
風張が2イニングを無失点に抑えた以外はどの投手も打ち込まれてしまいました。
誰か、一軍の救世主になる選手はいないものでしょうか。
西武は一軍が連勝中でした。
それに伴い、ファームでも活きの良い選手がいるようです。
王者西武の復活も近いか??
それにしても、夏のナイターって酔い、いや良いモノですねw

ブロガーが選ぶ超イカした三振10選

昨日の逆転勝ちの流れを受けて今日の試合。

先発は涌井と多和田。

涌井の立ち上がりは2アウトから浅村にヒットを打たれたものの、中村をセンターフライに抑えて無失点。涌井にしては珍しく立ち上がりから球数が少なかったし、ストレートで押し込んでる感もあったから調子が良さそうな雰囲気。

一方の打線はライオンズ先発の多和田から荻野、角中の連打で1アウト1・3塁のチャンス。

結果的にはここが最大のチャンスだったんだけど、後続が続かず無得点。

涌井は2回を三者凡退に抑えたものの、3回に1アウトから金子にライトスタンドに持っていかれて1失点。

その直後の3回裏に先頭の三木が2ベースで出塁して、加藤が送って1アウト3塁。

ここでも荻野、角中が倒れて得点できず。

結果的には1・3回のチャンスでどちらも生かせずに無得点だったのが痛かった。どちらかをモノにしてれば全く違った展開になったと思うんだけどね。。。

涌井は6回の1アウト3塁のピンチを荻野の好返球で凌いで、その裏1番からの攻撃で流れが変わるかと思ったけど、そこも三者凡退。

すると7回に2アウト1塁から秋山にライトスタンドに持っていかれて2失点で3点差。

ほぼこれで勝負あり。

その裏にチャンスは作ったものの福浦がゲッツー。。

結局、多和田から得点できず完封負け。

試合後の伊東監督のコメントによると、多和田はいつもより変化球が多かったってことだけど、スタンドから見てた感じでは、今日はストレートのキレとコントロールが抜群に良かった印象。

インコースのストレート見逃し三振とか、ストレートに完全に力負けしてフライを打ち上げるっていう場面が何度もあった。

それならそれで変化球狙いでいくとかやりようがあったと思うし、実際三木なんかはそうしてたけど、打線としては特に何か対策してた感じもなく、完全に多和田に力負けした印象。

頼みのペーニャが一番力負けしてるんだから話にならないよね。。

涌井は久しぶりに良かったのに、そういう時に限って打線が打てない。秋山のHRを含めても8回3失点だからね。

両方とも失投だったのはもったいなかったけど、先発としての役割は果たしたと思う。まあ、涌井は満足してないとは思うけど。

なんとしても明日勝ってカード勝ち越しは決めてほしいです。

[広告] 楽天市場
  • 国宝名物大典太名物太郎作正宗〈刀剣三振〉名物富田郷【1000円以上送料無料】
  • 国宝名物大典太名物太郎作正宗〈刀剣三振〉名物富田郷【2500円以上送料無料】
  • 国宝名物大典太名物太郎作正宗<刀剣三振>名物富田郷 (単行本・ムック) / 前田育徳会
  • 【中古】 日本映画空振り大三振 くたばれ!ROOKIES /柳下毅一郎,江戸木純,クマちゃん【著】 【中古】afb
  • 【中古】 三振とったる! /田上雄三(著者) 【中古】afb
  • 【中古】スポーツ・グラフィック・ナンバー[Number]247/特集・奪三振主義/文藝春秋/平成2.7/A4変判 [管理番号]雑誌一般622

PR

コメントは受け付けていません。