三振を舐めた人間の末路

PR

三振馬鹿一代

横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガース 第17回戦 横浜スタジアム 2017/08/13

 横浜DeNAベイスターズ 8 – 2 阪神タイガース
レンパイストップ!
濱口投手1ヶ月ぶりの先発登板で7勝目!
筒香選手18号19号連続弾!

先発は一ヶ月ぶりの登板となったルーキー濱口投手。
2回に先制されますが、6回5被安打1与四球8奪三振1失点の好投でした。
やったぜ濱ちゃん7勝目。
要所要所でしっかり三振が取れる投手。
ちょっと風格を感じるようになりました。
ここからの厳しい戦いの中できっとキーパーソンになってくれるでしょう。
打線は2回に先制された裏にすぐ3得点してギャクテン。
(ハマスタのLEDライト、やっぱりボール見失うんですかね)
そして4回裏には桑原選手スリーベース、柴田選手タイムリーで1得点。
前日着火した筒香選手が強火でレフトスタンドに18号ツーランを叩き込みました。
そして6回裏にはバックスクリーンに2打席連続19号ツーラン炸裂。
やっぱり筒香選手が打つと士気が上がります。
最終回の1失点はなんだかなぁどうなのかなぁなんですがナイスゲームでした。
サンレンパイしないでホッとしましたああよかった。
現在54勝50敗4分のセ・リーグ3位。
なかなか厳しいポジションですがキープしています。
そしてこれからも厳しい戦いが続きます。
火曜日からは横浜で対中日3連戦。
その後は東京ドームで対巨人3連戦。
キビシーっすねー。
でも4勝2敗でイイとかぬるいことは云いません。
バッチリ6勝しましょう。
横浜のスゴさを見せつけてやるべぇよー。
横浜DeNAベイスターズ、がんばるべし!

ファン必見!三振

北海道遠征最終日。
新十津川ピンネスタジアムで昨日と同じ日本ハム×巨人戦を観戦。
チケットは前売りで完売。やっぱり札幌都市圏に近いところでやると、こうなってしまう。以前も千歳、室蘭あたりの開催はチケットが早々に売り切れた。
まずは、旭川のホテルを7:20に出て、新十津川駅8:30着。
クルマで来るのは邪道のような気もするけど、廃止も間近なのでその姿を見ておきたい。なにせ以前来たとき(2002年)は夜で真っ暗だったのだ。あのときは列車もまだ一日3本あった。
▽2002/09/02
▽2017/08/13
駅は一日1本の列車がやってくる少し前で、列車を待つ鉄道マニアがうろうろ。地元物産を売るテントもあった。
ホームに立って駅名標を見ると、名所案内にちゃんと球場のある「ふるさと公園」も記載されていた。
球場へは、近くの新十津川町役場からの臨時バスもあるのだそう。
9:28の列車到着まで待ってみたいところだったけど、球場の混雑が心配なので、球場へ。ここから車で8分。
……………………………………………………
▽球場外観
小雨にも関わらず、早くからたくさんの人。
三塁側内野自由席の待機列の場所を確保し、さっそくスタグルへ
10時半になって雨は少し止んできた。
滝川も程近いことから松尾ジンギスカンも店を出していた。ジンギスカン皿盛り500円。
そして今日もそばを食べる。結局球場で三日ともそばを食べた。
もりそば400円。
もりそばを球場を食べるのって初めて。やっぱりそばはもりで食べるのがおいしい。容器を用意するだけでも手間がかかると思うんだけど、おいしいそばを食べてもらおうって心意気が泣ける。
待機列で待ってくれている妻にはドイツサンド(500円)を買って帰った。
地元の有名店なのだそうな。手作りのソーセージはもちろん、パンも美味しかったとのこと。
……………………………………………………
開場時刻の10:45になり入場。
入場時は地元・プレス空知の作製によるメンバー表が配られた。スポンサーがいっぱいで面食らう。
▽球場全景
両翼98中堅122
▽内野メインスタンド
▽内野自由席
メインスタンドだとネットが邪魔になりそうなので、チケットはこちらを選んだ。
▽外野芝生席
昨日よりもパワーアップした巨人アカペラ応援団。
数が少なくても密集すれば声がよく届くことを心得ているらしく終始勢いのある応援を続けていた。ちびっ子がリードに立つと球場全体があたたかい雰囲気に包まれた。
▽スコアボード
他の人のブログによると、得点や守備位置が大昔の神宮球場のようなベルト式だったらしいのだけど、僕が訪れたときにはご覧のような電光式に変わってしまっていた。見易いけどちょっぴり残念。
昨日同様旭川のAさんもやってきたので妻と三人で連番。
昔、旭川の駅裏には旭川鉄道管理局のホームグラウンド・旭川宮前球場ってのがあって長嶋茂雄がいたころの立教大学が遠征に来たのだそうな。
今日も貴重なお話の数々を伺いながらの観戦。
………………………………………
∇今日のスタメン
【巨人】     【日本ハム】
(二)吉川尚     (遊)石井一
(遊)増田       (指)平沼
(指)ギャレット(三)横尾
(左)岡本       (右)森山
(一)北         (捕)大嶋
(一)堂上       (二)渡邉諒
(三)マルティネス(一)今井
(右)青山       (中)大累
(中)藤村       (左)姫野
(投)大竹       (投)吉田
PL古賀/1B長川/3B青木(記:足立)
∇試合
日本ハム1ー2巨人(新十津川12:31 2時間26分 観衆4281)
巨 000 200 000 =2
日 000 010 000 =1
巨)○大竹6ー乾1ーS高木勇2
日)●吉田侑5ー井口4
日本ハムの先発・吉田侑が力のあるストレートで三振を奪うピッチングを見せれば、巨人の先発・大竹寛は変化球でゴロアウトの山を築く。
序盤はそれぞれタイプの違うピッチングで投手戦を見せたが、
4表、巨人は一死1・2塁から6番マルティネスがセンター前に抜けるタイムリーを放つと、
続く7番青山が変化球をうまくおっつけてレフト前に運ぶタイムリーを放ち、巨人が先制。日0ー2巨。
日本ハムは散発の3安打。5裏に大累の二ゴロの間に1点を返すのが精一杯。
最終回は高木勇を相手に二死満塁のチャンスを築いたが、二塁代走の郡が牽制死に倒れ、珍しい形でのゲームセットとなった。
試合終了14:57。
旭川のAさんと来年の再会を誓い、球場を後にしました。
これにて今年の北海道遠征終了。
士別の試合が流れたのは残念だけど、またやって来る理由が出来たのでそれもまた良し。
連日お読みいただきましてありがとうございました。
………………………………………………………………
[広告] 楽天市場
  • 【中古】 生徒会の三振(3) 碧陽学園生徒会議事録3 富士見ファンタジア文庫/葵せきな【著】 【中古】afb
  • 送料無料 生徒会の三振 /富士見書房/葵せきな【中古】
  • 【中古】生徒会の三振 /富士見書房/葵せきな (文庫)
  • 【中古】生徒会の三振 /富士見書房/葵せきな (文庫)
  • 【中古】生徒会の三振 /富士見書房/葵せきな (文庫)
  • 【中古】生徒会の三振 /富士見書房/葵せきな (文庫)

PR

コメントは受け付けていません。