三振は20年前からある安物の幻想に過ぎない

PR

お買い得!!人気の三振がはココ

応援して頂いた皆さまありがとうございました。二人とも失格になりましたので、終了致します。在庫があるのでこれだけ処分しておきます。では、よい夏をお過ごし下さい!

ありがとうございました。

【第1試合】

●広陵×中京大中京〇

・・・広陵は左腕・平元-中村のU18候補バッテリーを軸に、堅守からリズムを作り、力のある攻撃陣につなげるコシが強いチーム。中村・加川・高田と右打者が並ぶ主軸がカギ握る。

中京大中京は140km以上の左右4枚の投手を揃えるも、絶対的な投手不在で継投で試合を作る。その中では左腕・磯村に力を感じる。攻撃ではU18候補の伊藤康・鵜飼のほかにも、県大会で11打点をあげた5番諸橋など好打者がずらりと並び、どこからでも得点できる力強い打線に仕上がっている。

展開としては、愛知大会6試合で38四死球を奪った中京大中京の選球眼が、制球にやや不安のある広陵・平元を苦しめそう。小技・一発・選球眼のコンボでじわじわ加勢していきたい。ただ両校とも実力は全国屈指なだけに終盤までもつれる展開か。6点勝負と予想するが、層の厚い投手陣、肉厚な打線で中京大中京に若干の分か。

【第2試合】

●横浜×秀岳館〇

・・・打の横浜VS投の秀岳館。横浜の中心は、今大会NO.1スラッガー増田と、リードオフマンの長南(2年)。共に長打力と巧さを兼ね備えたドラフトの目玉になり得る逸材。力のある2年生が6人、スタメンに名を連ねるだけに勢いづかせると怖い。投手陣は技巧派左腕・板川(2年)と181cm右腕・塩原が軸だが、素材的には1年左腕・及川が面白い。圧倒的な打撃力で試合を支配するチームなだけに、投手陣がいかに踏ん張れるかと監督采配がポイント。

秀岳館はW左腕、川端・田浦を中心とした堅実な守備が基盤。打線は予選打率7割超えの1番竹輪、足のある2番半情がチャンスメークし、経験豊富な木本・廣部が続く。個人的に注目しているのは、そのあとを打つ5番石井。彼のスイングスピードには是非注目してもらいたい。、

予想としては、若さ・粗さが残る横浜も魅力だが、やはり大人の野球を粛々と遂行できる秀岳館に一日の長ありか。不安点は川端が制球を乱さないかという点。不用意な四球を与えるようなら、一気に大量点というリスクがあるだけに、田浦への継投時期もポイントになる。鍛治舎監督の「即断即行」采配を信頼する。

【第3試合】

●興南×智弁和歌山〇

・・・守の興南と打の智弁和歌山。近年は思うような結果を出せていない智弁和歌山だが、今年のチームは、林(2年)、蔵野、東田など一発のある打者を抱え、久々に打線に力がある。140km左腕・黒原、大型右腕・平田(2年)らの投手陣がいかに序盤を滑り出せるかが大きなポイント。

興南は川満・宮城(1年)のW左腕が安定。特に宮城は22回?を投げてわずか1失点、奪三振数は34を数え新ドクターK襲名も近い。基本的には抜群の守備力を武器にするチームで、攻撃面でも相手のミスに乗じて得点するのが巧い。流れに乗ればビッグイニングも作れる力がある。

展開としては、大方の予想に反して智弁和歌山が打力で主導権を握りそう。3点差くらいまでは一気に詰めれる攻撃力があるとともに、投手力もここ最近では最もいい。守備力は大きな不安だが、その弱点をかき消すだけの圧が今年はある。終盤まで競ってしまえば興南に分があるが、それまでに試合を決めると予想しておく。

【第4試合】

〇大阪桐蔭×米子松蔭●

・・・大阪桐蔭がいろいろ試しながら、きっちり勝利を収めると予想。

三振 前略、手塚先生。21世紀に間に合いました。

盆休み真っ只中なんですがなーんもしとりません

外へ出掛けるのはごはんを買いに行くときと、走りに行くときだけで、ほぼニートの引きこもりですね。
太陽の光を浴びると死にそうになりますわ
さてそんな引きこもりの楽しみは朝から晩まで高校野球・プロ野球と野球三昧なわけであります。
そして今日からカープとの3連戦が始まりました。
少しは意地を見せてくれる戦いをしてくれるかと期待していたのですが、序盤でボロクソに点を取られて早々に決着がついてしましたね
ちょっとだけは巻き返しましたが、まあ焼け石に水でしたね。
すんなりと負けなかっただけマシでしたかね。
明日に繋がれば良いかなと思います。
しかし先発の2選手にはもう怒りを超越して呆れ果てましたね。
まず小野はカープ相手に投げるピッチャーではないですね。
メッセンジャーがいなくなって先発ローテがさらにキツイから仕方ないとは思うけど、あの内容ではカープ打線を抑えられませんよね。
今日も最初の3人で勝負ありですよね。
あとは高山ですね。
まず守備やけどフライを追うときの第一歩が遅くて間に合わないのを何回見せられた事か
前にも後ろにもとにかく遅過ぎる、あれじゃ打ち取ったピッチャーがかわいそうですわ。
とにかく見ていてセンスを感じないですね
しかも今年はそれをカバーするほどバッティングも良くないしね、あれなら調子の良い俊介の方がマシやと思うけどね。
5回裏の無死1.2塁も内容のないクソみたいな三球三振でしたね。そりゃ途中交代も当然ですわな
先発のオーダーはあんまり相手ピッチャーの左右にこだわる必要はない気がしますがね。
ちょっとオーダーをいじくり過ぎなんとちゃうかなと思いますがね。
今日もベストメンバーとは思えませんでした。
カープが強いのは分かっているので負けるのは仕方ないですが、首位チームに食らいつく気迫のある選手のプレーを見たいですね。
やる気の無さげなプレーをする選手は見たくありませんね
しかし明日も先発が不安なんもんですからね
そう簡単にあの状態が変わっているとは思えないんですけどね
まああまり期待はせずに明日を待ちましょうかね
[広告] 楽天市場
  • 国宝名物大典太名物太郎作正宗〈刀剣三振〉名物富田郷【1000円以上送料無料】
  • 国宝名物大典太名物太郎作正宗〈刀剣三振〉名物富田郷【2500円以上送料無料】
  • 国宝名物大典太名物太郎作正宗<刀剣三振>名物富田郷 (単行本・ムック) / 前田育徳会
  • 【中古】 日本映画空振り大三振 くたばれ!ROOKIES /柳下毅一郎,江戸木純,クマちゃん【著】 【中古】afb
  • 【中古】 三振とったる! /田上雄三(著者) 【中古】afb
  • 【中古】スポーツ・グラフィック・ナンバー[Number]247/特集・奪三振主義/文藝春秋/平成2.7/A4変判 [管理番号]雑誌一般622

PR

コメントは受け付けていません。